FC2ブログ

砂糖と牛乳

IT&登山(itoby)と日常(妻)の有象無象について

メインPC復活…?

みなさんどうもitobyです。

前回、PCが壊れた記事を書きました。
結論から言うとSSDに不良セクタができていたようで、
以下備忘録です。


■ディスクのクローン


にっちもさっちもいかなくなったので、
とりあえず最悪のケースを考え、ディスクのクローンをとることに決めました。

大急ぎでAmazonでクローニングツール
「玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き」を購入。
20180727_01.jpg

こいつはPC不要でディスクのクローンが取れる優れものです。

スロット1に古いSSD、スロット2にストックのSSDを挿して
いざクローニング開始!



失敗します。

ここでさらに事の重大さに気付いたわけです。


■Linuxから確認


WindowsをDVDからブートさせて、chkdsk等々試しても
不良セクタがあるようには見えません。

そこでLinuxからディスクを確認することにしました。

これまた仕舞ってあったマザボとCPU・メモリを取り出して
ストックの電源ユニットと接続。
使っていないHDDにUbuntuインストールして準備完了です。

とはいえまずは、HDDがどういう状態か確認することにしました。

GUIで起動したUbuntuのソフトウェアツールで
GPartedをインストールし、古いSSDの状態を確認。

システムパーティションにエクスクラメーションマーク(!)が表示されます。
やっぱり何かおかしいようです。


■ddrescue


HDDレスキューなどで検索すると、結構DDコマンドでやっている人がいますが、
結構古いので新しいソフトウェアを紹介されている記事もありました。

GNU gddrescueというツールです。
続いて、 sudo apt install gddrescue でツールのインストール。

こいつはDDの上位互換みたいなもので
クラスタサイズなどを特に意識することなくディスクのクローンが行えます。

コマンドは、 sudo ddrescue -n -f FROM TO です。
FROMTOを間違えないように気を付けてください!

-nオプションで所謂不良セクタを0でパディングしてくれます。

わずか40分弱で240GBのディスククローンが完了です。


■chkdskで不良セクタを無くす


物理的に不良セクタがあるディスクをクローンした場合、
クローン先には論理的に不良セクタがある扱いとなります。

このままでは問題なので、またまたWindowsのDVDからブートさせて
コマンドプロンプトで chkdsk ドライブレター /b を実行。
/bは不良セクタじゃないけどフラグが立ったものを消してくれるらしいです。

こちらは20分程度で完了しました。


■いざ起動確認


上記作業後、再起動でWindowsが起動するか確認です。



起動しました!

これにて作業完了です。


■最後に


まぁ焦りましたが最初にも書いた通り問題はSSDにありました。
もう6年以上フルフルで使っているのである意味妥当かもしれません。

日々のバックアップの大切さは、失いそうになる(あるいは失う)ことで
再認識します。

皆様もぜひ、こういった障害に備えておきましょう。

現場からは以上です。
  1. 2018/07/27(金)|
  2. IT
  3. | コメント:0

メインPCがほぼぶっ壊れました 0x80004005

みなさんどうもitobyです。


■メインPCがほぼぶっ壊れました


悲しいことに、ログインするとブルースクリーンがでます。
状況的にはマイクロソフトアカウントに何かしらアクセスすると
ブルースクリーンが生じるようです。


■実施したこと


まだ直ってないですが、これまでに実施したことを備忘録的に。

・sfc /scannow
・dism /online /scanhealth
・bootbdc
・マイクロソフトアカウントからローカルアカウントへ切り替え

ここでいったん直ったように見えました。


■余計なこと


マイクロソフトアカウントでPCを管理しているので
ここでまたマイクロソフトアカウントへの切り替えをしたところ
PINコードの入力でブルースクリーン再発。。。

そこで先ほど記載したローカルアカウントへの切り替えを行おうとしたところ、
0x80004005というエラーとともに、切り替えができない状態になりました。

ググるとアクセス権とかそこら辺の話みたいです。

その後、レジストリからマイクロソフトアカウントのキャッシュを削除したり、
アカウントのパスワードを変更したり、
色々やりましたが改善は見られず。


■このタイミングで分かったこと


最初にも書きましたが、マイクロソフトアカウントへ接続が行われるタイミングで
ブルースクリーンが発生します。
これはネットワークの有効無効にかかわらず、です。

セーフモードと診断モードであれば、発生しないので
ますます対処方法が分かりません。


■最後に


だいぶやる気を失ったので放置状態ですが、
色々とプライベートでやらなきゃいけないことがあるので
どうしたものか思案中です。。。

誰か助けて…
  1. 2018/07/25(水)|
  2. IT
  3. | コメント:0

GTX 1050 Ti

みなさんどうもitobyです。

#ただの日記

自宅のメインPC、2013年1月に自作したものなんですが、
グラボ(GTX660)がついにお亡くなりになりました。

具体的な症状としては、
Windowsにログインすると、画面が真っ暗になって応答無くなるという。。。

そこで、新しいグラボを物色していたんですが、
同僚の勧めもあり、コスパ重視のGTX1050Tiを購入しました。

エンコーディング等をする機会もまぁあるので使ってみるのが楽しみです。

現場からは以上です。
  1. 2018/07/18(水)|
  2. IT
  3. | コメント:0

中古PC買ったらWindowsも起動しないしBIOSにパスワードかかってた(2/2)

みなさんどうもitobyです。

前回の続きです。

メルカリでNEC製のMateという法人向けデスクトップPCを購入しました。

20180712_01.jpg


■Windows領域の復元


前回、C,D,Fドライブの存在を確認できました。
Fドライブがリカバリ領域のような名称になっています。

基本的にMateは起動時にF12などで回復モードに入れるらしいのですが、
なぜか今回の端末ではそのような状態になりません。

そこで、Windowsインストールディスクの回復オプションで
ディスク内のリカバリ領域を選択した場合どうなるか試してみました。


■スタートアップの修復


自動ウィザードでスタートアップの修復を試みると、
30分もしないうちに、修復を続行するために再起動しろと言われました。

再起動してみましたが、状態は変わらずOSが見つかりません。

再度インストールディスクから回復オプションを開くと、
OSの復元メニューが表示されました。


■OSの復元


ウィザード内でFドライブが選択できましたので、
こちらも1時間程度放置したところ、再起動を求めるメッセージが表示されました。

あまり期待せずに再起動をしてみると、なんとWindowsのロゴが表示されます。

そのうち起動して自動ログインが走り、
なぜかSysprepダイアログが表示されました。


■Sysprep実行前に


Sysprepすると基本的にOSインストール後の初期画面になりますが、
念のためローカルに管理者権限を持つユーザを作成しました。
#結果的に不要でしたが。

ダイアログをそのままにOKを押して再起動です。


■ようこそ画面


久しぶりにWindows7のようこそ画面が表示され、
利用者情報等の入力を求められました。

ここまでくればあとは進めるのみ…

ウィザードを進めて設定完了です。
これでWindows7のリカバリが完了しました。


■Windows10へのアップグレード(失敗


そのままWindows10にアップグレードできるか試したところ、
プロダクトキーの入力を求められます。

筐体横に貼付されているシールに記載のキーを入力しますが、
認証に失敗します。

よく見ると、筐体のWindowsシールは7ではなく8のものです。

この筐体、実はダウングレード版だったのです。


■Windows8.1へのアップグレード


そこで、まずは8.1へのアップグレードを実施しました。
同じように筐体のキーを入力し、無事アップグレードできます。

またOSのようこそ画面がでてきて、
そのタイミングでMicrosoftアカウントを有効化しました。

こうすることでアカウントにライセンスが紐づくので
次回以降の再インストールにも支障が出にくくなります。


■Windows10へのアップグレード(ふたたび


8.1の状態で10へのアップグレードを試みました。

基本的に無償アップグレードは昨年末までとなっていますが、
正規品として登録済みなのでPKGがもらえるだろうと踏みました。

今度はライセンスキーを求められることもなく、
ウィザードも問題なく進みました。

HDDのためかだいぶ時間はかかりましたが、
一晩放置して、無事に1803へアップグレード完了です。


■終わりに


こうして結構かかりましたが、
無事に正規品のWindows10端末に蘇ったわけです。

用途はまだ決まっていませんが、
筐体自体はビジネスモデルなので連続稼働にも耐えうるはずです。

ですのでつけっぱなしで何かしておく必要が生じた際に
使いたいと思います。

現場からは以上です。
  1. 2018/07/16(月)|
  2. IT
  3. | コメント:0

中古PC買ったらWindowsも起動しないしBIOSにパスワードかかってた(1/2)

みなさんどうもitobyです。

メルカリでNEC製のMateという法人向けデスクトップPCを購入しました。

20180712_01.jpg


■購入時の状態


売り文句は、
・Windows起動しません
のみ。
送料込みで6000円でした。


■なぜ買ったのか


普通の人ならこんな情報だけで6000円払うのは
躊躇するかもしれません。

ただ、よくわからない直感があったんです、
「たぶんリカバリ領域が残ってるだろう!」
という。


■届いてから


届いてからまずやったのは掃除でした。

外装に汚れが結構目立っていたのと、
キーボードがだいぶ汚かったです。

#写真だけじゃ分からない部分でした。

続いて電源つないでスイッチオン
売り文句の通りWidnowsは起動せず、
メッセージは、OSが見当たらない、というものでした。

そこでBIOSの確認をすべく再起動をしF2を押すと、
なんとパスワードが掛かっていました。。。


■厄介なBIOSパスワード


一般的なPCであれば、CMOSクリアでBIOSパスワードも消えますが、
NECの法人モデルはそうは行きません。
有償で解除してもらう必要があるのです。

色々と検索をした結果、BIOSアップデートでパスワードが消えるそうだったので
USBにモジュールを導入し、USBブートでBIOSアップデートをしたところ
無事にパスワードが消えました。


■BIOSの確認


ブート順を見ると、内臓HDDが一番上になっています。
HDDの中身を確認するため、オプティカルドライブを一番上にして
WindowsのインストールCDをセットし再起動。


■HDDの確認



幸いにもオプティカルドライブは正常に動作し、
ロードからのWindowsインストール画面まで漕ぎつけました。

修復メニューからコマンドプロンプトを立ち上げて
diskpartからのlist volumeをたたくことで
C、D、Fドライブの存在確認ができました。


To be continued...
  1. 2018/07/12(木)|
  2. IT
  3. | コメント:0

【覚書:Linux】lessコマンド

覚書

■lessコマンドで行番号を表示
$ less -N ファイル名

■lessコマンドで指定行に移動
ただ行きたい行数を打ち込んでEnter
  1. 2018/07/06(金)|
  2. IT
  3. | コメント:0

【覚書:PBS】ジョブの確認、実行

覚書

■PBS jobの確認
$ qstat

■PBS jobの詳細確認
$ qstat -f ジョブ名

■PBS jobの実行
$qsub 実行ファイル名
  1. 2018/07/05(木)|
  2. IT
  3. | コメント:0

キャプチャソフトZD Soft Screen Recorder 11.1.10が無料

みなさんどうもitobyです。

明日の17時まで、ZD Soft Screen Recorder 11.1.10というキャプチャソフトがフリーです。
20180704_02.png

ダウンロードはこちらからどうぞ。

プロダクトキーはダウンロードしたファイルのReadmeに同封されています。
登録方法は、
・アプリケーションを立ち上げる
・なんでもいいから動作モードを選択する
・Xボタンで終了する
・プロダクトキー登録を促す画面がでる
・登録ボタンを押す
・名前、Readme内のメアド、プロダクトキーを入力してOK

簡単なのでぜひ!
  1. 2018/07/04(水)|
  2. IT
  3. | コメント:0

LAVIE Tab W TW710/CBS

みなさんどうもitobyです。
メルカリ中毒者です。


■LAVIE Tab W TW710/CBSを購入


先日、LAVIE Tab W TW710/CBSをメルカリで購入しました。
20180703_02.png

キーボード、デジタイザペン、アダプタと特に欠品なく
かつ液晶が割れていることもないしで
値段が安かったことが一番の決め手だったのですが、
届いて使ってみるとかなり良いと思っております。


■スペック


・解像度が1920*1200で手持ちの端末のどれよりも高解像
・省エネモードにすればバッテリが8時間超持つ
・デジタイザペンもかなり繊細に使える

ある意味で液タブみたいな感じとも思ったり。


■改善の機会


嫌な部分をあえてあげると、

・Fnキーの場所が変
・プリントスクリーンキーがない
 #まさかの画面下のWindowsマークと音量-ボタンを同時押し
・デジタイザペンが乾電池(単6!)
・キーボード部にバッテリ無し

と、いった具合です。


■最後に


持ち運ぶにもそう重くない(1kgちょっと)ので
長く付き合っていきたいですね。

現場からは以上です。

  1. 2018/07/03(火)|
  2. IT
  3. | コメント:0

【覚書:ESXi】ユーザ追加時のパスワード制限を緩和する

覚書

■ESXiユーザ追加時のパスワード制限を緩和する

・ESXiにSSH接続

・vi /etc/pam.d/passwd

-------------------------------------------------------------------
変更前→ (5.X系) password requisite /lib/security/$ISA/pam_passwdqc.so retry=3 min=8,8,8,7,6
       (6.X系) password requisite /lib/security/$ISA/pam_passwdqc.so retry=3 min=disabled,disabled,disabled,7,7

変更後→ password requisite /lib/security/$ISA/pam_passwdqc.so retry=3 min=0,0,0,0,0
-------------------------------------------------------------------
  1. 2018/06/30(土)|
  2. IT
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ