FC2ブログ

TEMP

ffftp_バージョン
ffftp_暗号化タブ
スポンサーサイト



お試しChatoGPT

#!/bin/bash

# Path to the CSV file containing hostname, user_id, password entries (comma-separated)
file_path="ftp_credentials.csv"

# Read the file line by line
while IFS= read -r line || [[ -n "$line" ]]; do
# Split the line using commas as separators
IFS=',' read -ra fields <<< "$line"
hostname="${fields[0]}"
user_id="${fields[1]}"
password="${fields[2]}"

# Attempt FTP login
echo "Attempting login to $hostname with user $user_id..."
if ftp -inv $hostname < user $user_id $password
quit
EOF
then
echo "Login successful!"
else
echo "Login failed!"
fi

echo "----------------------------------------"
done < "$file_path"



#!/bin/bash

# Path to the CSV file containing hostname, user_id, password entries (comma-separated)
file_path="ftp_credentials.csv"

# Path to the log file for exporting the test results
log_file="ftp_login_test.log"

# Clear the log file before starting the test
> "$log_file"

# Read the file line by line
while IFS= read -r line || [[ -n "$line" ]]; do
# Split the line using commas as separators
IFS=',' read -ra fields <<< "$line"
hostname="${fields[0]}"
user_id="${fields[1]}"
password="${fields[2]}"

# Attempt FTP login and export logs to the log file
echo "Attempting login to $hostname with user $user_id..." | tee -a "$log_file"
if ftp -inv $hostname < user $user_id $password
quit
EOF
then
echo "Login successful!" | tee -a "$log_file"
else
echo "Login failed!" | tee -a "$log_file"
fi

echo "----------------------------------------" | tee -a "$log_file"
done < "$file_path"

[OpenAI] PostfixをKeepalivedで冗長化

すごい!(未検証)

Q.
Postfixを用いたLinuxサーバをKeepalivedで冗長化する場合、どのように構築すればよいでしょうか。

A.
Postfixを用いたLinuxサーバをKeepalivedで冗長化するには、以下の手順に従って構築することができます。

1.Keepalivedのインストール
まず、Keepalivedをインストールする必要があります。以下のコマンドを実行して、Keepalivedをインストールしてください。

---
sudo apt-get update
sudo apt-get install keepalived
---

2.Keepalivedの設定
次に、Keepalivedの設定ファイルを編集します。設定ファイルは、通常は/etc/keepalived/keepalived.confに保存されます。

以下の設定を含むファイルを作成してください。

---
vrrp_script chk_postfix {
script "/etc/init.d/postfix status"
interval 2
weight 2
}
vrrp_instance VI_1 {
interface eth0
state MASTER
virtual_router_id 51
priority 101
advert_int 1
authentication {
auth_type PASS
auth_pass password
}
virtual_ipaddress {
10.0.0.100
}
track_script {
chk_postfix
}
}
---

この設定は、以下の機能を持っています。

vrrp_script:Postfixが動作しているかどうかを確認するためのスクリプトを設定します。
vrrp_instance:Virtual IPアドレスを設定し、Postfixを持つマスターサーバーが正常に稼働しているかどうかを確認するためのスクリプトをトラックします。このインスタンスは、仮想ルーターID 51を持ちます。
interface:Keepalivedが使用するインターフェイスを指定します。
state:このインスタンスの状態を指定します。ここでは、マスターとして設定されています。
virtual_router_id:仮想ルーターIDを指定します。
priority:このインスタンスの優先度を設定します。ここでは、101に設定されています。
advert_int:仮想IPアドレスの広告を送信する間隔を設定します。
authentication:Keepalived間で認証を行うための設定を指定します。
virtual_ipaddress:仮想IPアドレスを指定します。
track_script:Postfixが稼働しているかどうかを確認するスクリプトを指定します。

3.Postfixの設定
Postfixの設定についても、マスターサーバーとバックアップサーバーの両方に設定する必要があります。両方のサーバーで以下の設定を追加してください。

---
default_transport = smtp
relay_transport = smtp
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash
---

訳アリリンク(Xperia)

Windows Server 2016上のDHCPサーバにPowerShellコマンド「add-dhcpv4filter」実行したら許可フィルタや拒否フィルタが有効になるかのテスト

みなさんどうもitobyです。
「Windows Server 2016上のDHCPサーバにPowerShellコマンド「add-dhcpv4filter」実行したら許可フィルタや拒否フィルタが有効になるかのテスト」です。


■Windows Server 2016上のDHCPサーバにPowerShellコマンド「add-dhcpv4filter」実行したら許可フィルタや拒否フィルタが有効になるかのテスト


結論、フィルタは有効になりません。

拒否リストのtxtを用意して検証です。

作業前、フィルタは無効だしエントリもない
2021053101.png

コマンド実行前
2021053102.png

コマンド実行後、エラー等なし
2021053103.png

コマンド実行後の拒否フィルタ、テキスト内のエントリがある
2021053104.png

フィルタは無効のまま
2021053105.png

カウンター
プロフィール

itoby

Author:itoby
サラリーマン業以外でお金がほしい。

別で電柱もアップしてます。
今日の電柱
#こちらは最近停滞気味…

New!
マインクラフトのサーバー建ててます。
是非遊びに来てください。
https://tobibuta.pgw.jp

最新記事
リンク
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jp